会社概要


   社名     鶴見油脂株式会社
  本社    〒240−0062 横浜市保土ヶ谷区岡沢町121番地
           TEL 045-333-0457  FAX 045-331-8844

  創業    昭和14年 1月18日  

  資本金   
1200万円

  代表者   代表取締役社長 石塚信男

 事業内容  
1.燃料油、工業用潤滑油の販売
               (コスモ石油株式会社の特約店)
         
2.電気絶縁油販売
         
          3.不動産の賃貸 

          4.生鮮食品等販売事業
  
          5.その他、上記に附帯する一切の業務        


取引金融機関    三菱東京UFJ銀行鶴見支店
            みずほ銀行鶴見駅前支店、横浜銀行鶴見支店

会社の沿革 昭和14年1月  横浜市鶴見区中央3−10−30(旧本
                    社所在地)に資本金10万円で廃油再生
                    およびグリース製造を目的として創立。

         昭和17年10月 資本金50万に増資。

         昭和20年     戦災による工場焼失にともないグリース
                     の製造を中止。

         昭和21年3月  運輸省および石油配給公団の指定業者
                    となる。

         昭和23年8月  企業再建整備法により資本金40万に
                    減資。

         昭和23年12月 資本金150万に増資。

         昭和24年4月  石油配給公団の解散に伴い再生石油
                    製品元売会社として認可を受ける。

         昭和25年4月  丸善石油株式会社の特約店となる。

         昭和37年12月 資本金600万に増資。

         昭和42年4月   給油所部門を分離し、鶴見油脂商事株
                    式会社を設立。

         昭和42年12月 資本金1200万円に増資。

         昭和48年     不動産賃貸業開始する。

         昭和49年12月 産業廃棄物焼却処理を目的として、
                    東日本処理企業株式会社を設立。

         昭和54年2月  本社工場を設備全面改造。

         昭和61年4月  コスモ石油(株)の特約店となる。

         平成元年     電気絶縁油の再生加工を精製に変更。
                                     
                                           
         平成12年    子会社鶴見油脂商事株式会社を
                   株式会社ハイブリットに社名変更。

         平成12年8月 本社移転(横浜市保土ヶ谷区岡沢町121
                   番地)

         平成18年5月  生鮮食品等販売事業として
                    物産部(ペッパーフレンズ)を開業

   社訓       
               「熱誠努力・協調親和」
       
        当社は堅実経営をモットーとし、調和と連帯の精神で、
       取引先に一流企業を擁して、自主的経営を昭和14年
       創業以来続けて今日の安定した基盤を確立しました。
       今後もなお一層の発展を目指します。

                 
                     
TOP